ちいさな散歩道

もうすぐ老後?!いろいろあるけど、けっこう楽しいよ♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お墓の引っ越し




実は、ど田舎町にある私の実家のお墓のお引越しをしたんです!
実家のお墓は、いわゆる先祖代々ってやつで、合計8人のご先祖様が眠っていた(今回のことで
人数は初めて知りました)(^_^;)のですが、全員分のお骨を、移したのです。


そもそも、話をさかのぼれば、二年ほど前、「頑丈」という言葉がこれほど似合う年寄りはいないよね、
という感じだった実家の母が、年末にひいたひどい風邪から、それはもう坂道を転げ落ちるように、
「どうしちゃったの?お母さん?」と子供たち(私や兄姉)がとまどうほど、一気に弱ってしまったんです。


それまで、バイクを乗り回し、自分で味噌を作り、お花も育て、大正琴も習い、旅行にも行ってた母が・・・。


風邪の後、骨折したり、内臓の病気が見つかって手術(命にはかかわらないです)したり、リハビリしたり
数か月に渡り、私たち三きょうだいの住む市の病院に入院したりしてました。


一応、リハビリも順調で、からだは元にほぼほぼ戻った感じだったんですが、やはり一度こういうことが
あると、どんなに元気な年寄りでも、一気に気弱になるんですよね。
よく聞く話です。


そこで当然、子供たちは話し合います。
そうです。田舎の家を引き上げて、母をこっちに呼ぼう、という話し合いです。


それがもう・・・・・・。


紆余曲折っていうかなんて言うか、いまだ結論は出ていないのです。
それぞれの思惑があり、すんなりはいきません。
何度もこの話を書こうと思ったのですが、つらい話も多く、まだ結論も出ていないので、くすっと
笑えるお話になってから、と思ってたんです。


で、まだ話し合いは現在進行形なんですが、とりあえず母は田舎に帰ると言い張り、妥協案として?
もう墓参りやお墓の世話を母ひとりでするのは、きついだろう、という話になり
私たちの住む市に、お墓を移そう、ということだけが決まったのです。



長男である、兄に代替わりするってことですね。
お年寄りはお墓のことはすごく気にするので、これで母の負担もずいぶん減るでしょう。
っていうか・・・。

毎年お盆には、かなりの距離の実家のお盆に、誰が帰るか調整するのも大変だったので
私たち子供にしても、これはとってもいいことだったんです。


ここで、本当に感謝しなければならなかったのは・・・。
実家の父は10年前に亡くなったのですが、それ以前に、兄が住むこの市の霊園に土地を
買ってくれていたことです!


長男である兄には、父はもしかしたら、退職後とかに田舎に帰ってきてほしいという気持ちも
あったのかもしれませんが、兄の仕事上、それはほとんどあきらめないといけない。
それなら、息子のいる土地に墓を移すのが最善の策だ、と考えたのでしょう。


父は長男で、ものすごく長男気質の強い人で、しかも保守的だったので、ずーっと先祖から
住んでいた土地からお墓を移すのは、強い決断が必要だったと思います。
が、この、父の勇断のお陰で、子供たちは本当に助かりました!


お墓を新しく建てるのは、正直けっこうなお金がかかります。
でも、父のお陰で土地代だけでも払わずに済みました。感謝です。


というわけで、先日、きょうだいや孫、母とでお墓にお骨を移す仏事を行ってきました!
知らなかったのですが、家の新築と一緒で、お墓の新築?もお祝いになるそうで、
私と姉は嫁いだ身なので、兄にお祝いとしてお金を包む、ということで、結婚式と同じような
紅白の水引の袋で渡しました。

仏事で紅白を使うことがあるんですね~。


お線香を上げて、父に、
「おうちが新しくなって、気持ちいいでしょう?新築おめでとうございます!」って言いました。
今年のお盆に間に合ってよかったです^^

以上、珍しく真面目な話でした~(^_^;)



IMG_3283.jpg


ちょっと前のお昼ご飯。最近はグラノーラにはまっておりまーす^^


さてさて、昨夜遅く、娘からのラインで、「金曜日用事で○○県まで行くから、そっちに近いし
泊まりにきていい?」


相変わらず突撃だな!(笑)
さて、まずは布団の準備だね!





スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

お墓の引っ越しは大変みたいですね。
実は私、夫亡き後は(当然夫が先にいなくなると思い込んでおります)今のお寺のお墓じゃいろいろ面倒なので、近いところに移したいと思ってちょっと調べたことがあります。
あっちこっちに書類を出したり、お墓の中にお住まいの人お一人につきいくらって感じでお金がかかるって本当でしょうか?

私の母も、1泊や2泊ぐらいの入院をするたびに、がくっと弱ると言っています。みんな同じなんですね。

グラノーラ!
カルビーのフルグラがおいしすぎてはまりにはまり、数キロ太りました(;  ;)
  • posted by ゆみねえ 
  • URL 
  • 2016.07/22 07:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ゆみねえさん

ひえ~っ!グラノーラで太った?!(お墓よりそっちに先に反応)(^_^;)
適量、より絶対たくさん食べてる私・・・健康にいいからって、これは要注意ですね!

そうですか~。ではご主人が先に入られるお墓の準備を・・・はははは。
ゆみねえさん、面白すぎる!

お骨のひとりに付きいくら、とかそういうのも含めて、業者さんによってかなりの開きがあると思います。
面倒な手続きも、お寺さんとの話し合いも全部やってくれるところもあります。
当然、そのぶん、値段は上乗せされますが、お寺さんともめる方もいらっしゃるようなので、もうどうせ
お墓を移したら二度とこの土地には帰らないし、嫌な感じでもめたくない、と依頼される方も多いみたいですよ~。

私の世代も、今はそれこそ元気ですが、あとは弱るばっかり(笑)なので、こういうことは
元気なうちにやっておいた方が、子供たちのためにもいいかなって思います。

とりあえずホッとしました!この夏のお盆からは、きょうだいも母も全員お参りできそうです^^
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2016.07/22 11:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

くすっと笑える話になってから・・って、かりんさんらしくて好きだわ~。

先々のことを考えると、お墓のことは悩みますね。
かりんさんのお父様のご英断、いいお手本です。
うちの場合は幸いなことに息子が近くに住んでいるため、父祖伝来の墓地でもいいのですが、墓参りなどの手間を考えると お寺さんの納骨堂を買うのが一番いいかなぁって思います。
お墓だけではなく、これからは生前整理的なことも頭の隅に置いて暮らしていかなくては・・とかね、色々考えるお年頃になりました。

今夜は娘さん・孫ちゃんたちがお泊まりなんですね。
楽しい報告、画像付きでよろしく~♪^^
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.07/22 13:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

>お名前忘れさま

えっと、あの方かな?という心当たりはあるのですが、万一間違えたら大変失礼なので
よかったらお名前教えてくださーい(^_^;)

うちの夫の父は、都会町の納骨堂で眠っておりますよ~。
永代供養料を納めているので、もう経費はかかりませんし、掃除も
必要なく、これはこれで快適かもしれません。

娘一家は、今日は隣の県にお泊りで、明日我が家に来ます!
一泊なので、きっと嵐みたいに来て泊まって帰ると思います(笑)
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2016.07/22 15:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

はい、正解!
わたしだ。
ごめんねーv-290v-421 ←謝罪してる顔ではない
嗚呼・・昨日のわたし自身のブログ記事内容を裏打ちするような今日の失態・・v-409
でも・・でも・・今後ともよろしくお願いしますv-436
  • posted by いもねー 
  • URL 
  • 2016.07/22 15:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

>いもねーさん

あ、やっぱりいもねーさんだったんだー(笑)
「やっぱり」なんて言ってすいません(^_^;)

私なんてあちこちのコメント先でやらかすことなんで、自分と一緒な方がいらっしゃるとすごく嬉しかったり^m^

実は、息子さんが近く、ってことでばらのお姉さまも思い浮かんだんですが、文章の感じから
多分、いもねーさんだろうと・・・・(笑)

こちらこそ、こんな私ですがこれからもよろしくです^^
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2016.07/22 17:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

確かに、笑える話になってから、ってかりんさんらしいなぁ・・・
いろいろ大変でしたね。
親はだんだん弱る一方です。いろんなことが起きますね。
しかし、お父様は偉かったね。
将来をちゃんと見越していらっしゃって、お墓の土地だけでも買っておいてくれた。
全部子供がやるのは大変なことですよ。
  • posted by エグランティーヌ 
  • URL 
  • 2016.07/22 20:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

>エグランティーヌさま

とりあえず、何年も懸案事項だったお墓の引っ越しが終わって、母ともどもホッとしてます(^_^;)
書類から何から、けっこう大変だったみたいです。

「みたいです」なのは、ちょうどその詰めの作業のとき、たまたま私が娘の手伝いで
不在だったため、手伝いからはずされたからです。
つくずく無責任の、いわゆる末っ子のかりんです(^_^;)

父には本当に感謝しています!ほんと、改葬は手間もお金もかかりますから。
さて、あとは母ですが・・・そこが一番の難関ですね(笑)
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2016.07/22 22:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

いつも応援感謝です♪

プロフィール

karintou77

Author:karintou77
ゆる~く生きてる専業主婦、
かりんと申しますm(__)m

最近の趣味はカメラ!
マイカメラは、キヤノンkissx6i。
毎日下手くそながら何かしら
撮ってます。

のほほんな性格ですが、たまに
毒を吐いちゃったりします(汗

こんなワタクシですが、よかったら
遊びにきてね^^

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。