ちいさな散歩道

もうすぐ老後?!いろいろあるけど、けっこう楽しいよ♪

Entries

一年半

先日、娘の携帯のファミリー割引の契約が、やっと我が家に戻ってきた。
その経緯はコチラコチラでね。

元カレとの契約解除の書類が送ってきてからも、まだグズグズしていた娘だった。
でも、最初にふられてから(笑)、約一年半。
ようやく、手続きに行く気になったようだ。

でも娘には「もう!何やってんの?早く契約変更してきなさい!」とは言いませんでした。
一年半、かかるくらい好きで、気持ちの踏ん切りをつけるのには必要な時間だったんだ、
と思ったから。

だが、書類が元カレくんから送ってきてからも、娘のところに電話やメールが来ていた。
その内容が、もう・・。

「どうしてるのか」と聞かれて、「元気にやってる」と答えると、どうもそれが気に
いらないらしい。
自分と別れたら、生きてはいけない、みたいな女でいてほしかったみたい。

遅くに電話があって、「どこに行ってたんだ?!」って聞くから、
「会社の飲み会」って言うと、それも気にいらない。
自分からふったくせに、娘が立ち直って新しい世界に踏み出していくのが、また嫌?!

この元カレくん、自分がいないと生きていけなくて、守ってやらないと何もできなくて,
って、そういう女の子でいてほしかったみたいで・・。
自分の目の届かないところで楽しむ娘(っていうか、単なる社会人としての会社の付き合いですよね)を、許せないでいるんです。
最近の男の子にすごく多いけど、独占欲のカタマリみたいな?

つい最近なんて、
「会社の飲み会行ったり、夜でかけたりするのをやめたら、俺が元に戻ってもいい
 って言ったら、やめるか?」って言ったそうです。

家から一歩も出るなってこと?!

都心に就職して頑張ってる娘を応援するどころか、がんじがらめに縛りつけて束縛
しようとするなんて、ありえない。

さすがに娘も、「すごくすごく好きだったけど、この人とはもう無理、ってわかった」
って言ってました。

ところがね?。
着信拒否したら、アドレスの一文字だけ変えてメールを送ってきたりするらしくて・・。
で、今回の契約変更のとき、アドレスも変更しちゃいました。
ちょうど良かったです。

電話番号も少しお金を払えばできるみたいですが、やっぱり友人や仕事関係でも使う
番号なんで、それはまた後日ってことで・・。
これで元カレくんが、頭冷やしてあきらめてくれればいいんですが・・。

それにしても、どういうもんでしょうかね?。
愛って、相手の幸せを願うこと、ですよね。大切に思うことですよね。
なんでこう、違う方向に行ったんだろう・・。

早く終息宣言、出したいもんです^_^;

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

No title 

まったく嫌な男です。
二度と連絡してくるべきじゃありませんよね。
自分から別れをきりだしたんだから、そっとして置いてくれるのが、せめてもの優しさでしょう。
とにかくじぶん本位・・・・これって結婚などしてたら、がんじがらめにされるところでしたね。
こんなに嫉妬深いのは怖い。
お嬢さんも判ってるんでしょうが、返事もしないほうがいいんじゃないかな。
娘の恋愛って、たいへんだなあ・・・・最近心配です。
まだハッキリ聞いたことは無いですが、誰かスキな人がいるかも・・・・
  • posted by エグランティーヌ 
  • URL 
  • 2010.03/02 21:49分 
  • [Edit]

No title 

少しこわいです・・・すみません。
そういう男の人は苦手です。
サッサと縁切っとくべきです。
娘さんにはもっといい方が必ず現れます!
  • posted by nako 
  • URL 
  • 2010.03/02 21:56分 
  • [Edit]

No title 

>エグランティーヌさま

男性の方が、いざ終わるとなると未練がましいって話は、よく聞く話ですよね。
しかし、何でこう上から目線なんでしょうね。

でも、エグランティーヌさんが言われるように、せめて結婚前にわかって
よかったと思います。
今になれば、他県に就職したのはよかったのかもですね。(*^_^*)

うちは割とオープンに話すんですが、エグランティーヌさんのお嬢さんは
どういうタイプなのかしら?ほんと心配はつきませんよね~。
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/02 22:02分 
  • [Edit]

No title 

>nakoさま

そうなんですよ。私も少し「怖い」って思いました。
契約変更までしたんだから、もう連絡はしてこないでほしいです。

私も、娘がもっといい人と出会えると信じてますよ~(*^_^*)
ありがとうございます!
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/02 22:05分 
  • [Edit]

No title 

怖いですよね、こういう人って
独占欲が強くって、何でも自分が一番でないと気に入らないんだと思います。
こういう人が外面が良くって家庭では暴君だったりするんじゃないでしょうか
娘さん、別れて正解だったと思います。。
  • posted by はなこ 
  • URL 
  • 2010.03/02 23:26分 
  • [Edit]

No title 

うわぁ・・ヤバイですね。
結婚してなくて本当に正解ですね。
徹底して無視! 娘さんには頼りになる母(かりんさん)がついてます。 同じ娘をもつ親としては他人事とは思えません。 
  • posted by ドラムカン子 
  • URL 
  • 2010.03/03 12:35分 
  • [Edit]

No title 

>はなこさま

私も何度か会ってるんですが、すごく感じのいい子なんですよね・・。

何かの歯車が狂って、こうなったのかもしれませんね。
でもでも、やっぱり「自分の方だけ見てろ」みたいなのって、オカシイですよ。
今は、このままフェードアウトしてくれるのを待ってるところです^_^;
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/03 23:59分 
  • [Edit]

No title 

>ドラムカン子さま

私が頼りになるかは、はなはだ疑問ですが(笑)、娘っ子がもうほんと頼りないので、
ハラハラするんですよ~。
育て方が悪かったんでしょうね~^_^;

なんとか終結してくれるといいんですが・・。
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/04 00:02分 
  • [Edit]

なんだか 

娘ちゃんのふっきろうとする気持ちを思うとジーンときちゃいました。でも男の人にはいらついちゃった。そっちからふったんなら、なんで好きだった人のままで終わらせてくれないんだろう。・・・そんなことばっかりしていると、すごく嫌い!ってなるってわからないのかな~。男の人の方が引きずるって聞くけど・・・これで娘ちゃんもすっぱり忘れられるといいね。
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2010.03/04 11:06分 
  • [Edit]

No title 

こういう男はそのうちDVとかを始めそうですよね。
かりんさんの娘さんは、こんな男にはもったいないです。

かりんさんも口出しせずに見守っているのは、もどかしかったでしょうね。
私だったら、ぎゃあぎゃあ騒いで無理矢理別れさせようとしたかもしれません。
でも、本人が決めなければいけないことですもんね。

これ以上そいつが何も言ってこないといいですね。
  • posted by yumi 姐 
  • URL 
  • 2010.03/04 12:01分 
  • [Edit]

No title 

>さくらさま

そうなんですよね。そこが私も不思議なんですよ。
そういう態度をとればとるほど、娘から嫌われる、って何で理解できないの?!って。

多分、失うのが嫌、ってだけなんでしょうね。
娘のことを思って、とはとても思えない。
早く、きっぱり縁がきれるといいと思ってます(*^_^*)
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/04 16:56分 
  • [Edit]

No title 

>yumi姐さま

うまくいってるときは、娘を大事にしてくれてる、って感じだったんですがね~。
遅くなったときも、きちんと私にもお詫びに来てくれたり・・・。

でも、うまくいかなくなったときのあっちの態度がわかって、かえってよかったかも?
まだまだ、娘には未来がありますから!(*^_^*)
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/04 16:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

いつも応援感謝です♪

プロフィール

karintou77

Author:karintou77
ゆる~く生きてる専業主婦、
かりんと申しますm(__)m

最近の趣味はカメラ!
マイカメラは、キヤノンkissx6i。
毎日下手くそながら何かしら
撮ってます。

のほほんな性格ですが、たまに
毒を吐いちゃったりします(汗

こんなワタクシですが、よかったら
遊びにきてね^^

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: